ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。

ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。女の子なら誰もが気になる恋愛のあれこれやコスメやダイエット、ファッションなどなど情報満載のWEBマガジン│リリーガール

風邪をひいた時ってお風呂に入ってもいいの?髪は洗う??

2015.10.10

風邪をひいたら、お風呂に入らないほうがいいの?
髪を洗うと、風邪の症状が悪化するって本当??
ということで“風邪”と“お風呂”の関係を色々調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

鍼灸治療は効果がある?『自律神経失調症』の原因と対策!

近年、多くの人が悩まされている『自律神経失調症』の原因とは?様々な治療に有効的とされる鍼灸治療は効果...

妊娠中の貧血数値はどれくらい?貧血の症状や予防法は??

妊娠中は貧血になりやすいそうです。では、どれくらいの数値だと貧血と診断されるのでしょうか?貧血の症状...

『仮病』といえば腹痛?病院に行かなくてもいい症状が○!

仮病を使って会社を休みたいと思ったことはありませんか?そんな時には頭痛や腹痛など、病院に行かなくても...

子宮筋腫が貧血の原因に!血液検査の数値で異常がわかる?

子宮筋腫が原因で貧血になるという人、多いようです。思い当たる症状がある人は、一度血液検査を受けてみま...

脳や心臓で発症すると深刻な状態に!血管が切れる原因とは?

『動脈硬化』が原因で『血管が切れる』可能性があるんです!ご存じでしたか?脳や心臓で発症してしまうと深...

卵巣嚢腫といわれたら手術は必要?入院期間はどれくらい??

『卵巣嚢種』とはどんな病気なのでしょうか?発症したら、妊娠できなくなるの?手術をしたらどれくらい入院...

頻尿の原因って?女性や10代の若者にも急増中の訳とは!?

このところ、女性や10代の若者達にも急増している頻尿。一体、何が原因なの?病院に行かなくても、その症...

貧血だと思っていませんか?冷や汗や吐き気を伴うその症状

長時間“立ちっぱなし”でいたら、急に顔色が悪くなり、吐き気がして冷や汗も!そんな経験ありませんか?そ...

No Image

ピルを服用中に“不正出血”や“生理がこない”のは異常?

避妊などの目的で使用される『ピル』。服用中に、“不正出血”や“生理がこない”といった症状が現れたら…...

No Image

指の骨折が治った後には…『リハビリ』が肝心なんです!!

指を骨折して固定していると、完治した後もなかなか思うように動かせないと感じる人が多いようです。スムー...

No Image

脳梗塞の後遺症『麻痺』!リハビリで治る?予防方法は??

脳梗塞の代表的な後遺症である『麻痺』。リハビリをすれば、必ず治るの?また、脳梗塞を予防する方法なんて...

“心理学”の勉強法って?独学でも取れる資格はある??

心理学に興味がある人って、意外と多いようです。でも、本格的に勉強するとなると…勉強法ってどうすればい...

No Image

出産で入院!何を準備すればいい?パジャマは持っていく??

出産の為の入院準備っていつ頃、何を用意すればいいの?パジャマは病院で借りれるケド…自分のを持っていっ...

子ども達の姿勢が悪くなっている原因は?矯正は必要なの??

背中がまるまっている、いわゆる“猫背”の子どもが増えていると感じたことはありませんか?その原因や及ぼ...

エコー以外にもあるらしい!赤ちゃんの『性別』の見分け方

妊婦検診の度に、赤ちゃんの性別がわかるかどうかドキドキ。出産準備や名前を考える為に、早くどちらか知り...

スポンサーリンク

風邪をひいた時はお風呂禁止!…は昔の話

“風邪をひくとお風呂禁止”というイメージありませんか?
小さい頃、おばあちゃんに「風邪がひどくなるからお風呂に入っちゃダメ!」と言われた記憶がある人、けっこう多いようですね。

でも、なぜ風邪をひいた時にお風呂に入るのはダメなのでしょうか?

そう言われるようになった理由は、昔の日本家屋の構造が関係しているようです。

昔は、家にお風呂があっても“寒い場所”だったり、お風呂がなくて銭湯に通うことが多かったので、せっかく温まってもスグに体が冷えて、湯冷めをしてしまうということから、“風邪の時にはお風呂禁止”と言われるようになったのです。

ということは、暖房で温度調整ができる現代では、禁止にする必要がないということになりますよね。

なんでも、風邪の時にお風呂を禁止にするというのは日本特有の考え方のようで、欧米などでは熱は冷やして下げるという考え方から、風邪をひいて熱がある時は“水風呂に入る”なんて習慣もあるようです。

風邪の時にお風呂に入るメリットって?

実は、風邪の時にお風呂に入るメリットは、意外とたくさんあるんです。

冷えた体をじっくりと温めることで、代謝を高めることができます。筋肉のこわばりは緩和され、血管を拡張させてくれるので、鼻づまりの症状が楽になることもわかっています。

また、腸の動きを穏やかにもしてくれます。それにより、腹痛などの症状が治まるということもあるようです。

そして、お風呂場は湯気がたくさんで湿度が高いですよね。それによって喉の保湿対策にもなっちゃうんです。

皮膚に付いたほこりなどを洗い流して皮膚を清潔に保つことで、発汗作用がスムーズに働いてくれ、ウィルスや細菌への抵抗力も高まりますよ。

また、お風呂に入ってお湯で体温が上がると、体は熱を逃そうとして体温を下げてくれるなんて効果もあるようです。

人間の体は、37℃台の体温の時に、免疫力が最も強力に働くといわれています。つまり、ウィルスと一生懸命闘っているという状態が『微熱』の状態なのです。お風呂に入って、その体温を保つことで、ウィルスを効果的に退治出来るので、“ちょっと風邪気味”なんて時の対策としては、入浴がとても効果的なんですよ。

髪を洗うと風邪の症状が悪化する?

お風呂に入ることは悪いことではないということはわかりました。
では、髪を洗うのはどうでしょうか?

お風呂に入ると、結構疲れたりしますよね?
体力を消耗している証拠です。
髪を洗うと、その分入浴時間も長くなり、体力も更に消耗します。

ですが、ささっと手早く洗ってしまえば、それほど問題は無いようです。
そんなに汚れが気にならないなら、お湯で洗い流すだけにするとか、普段よりシャンプーの量を少なめにして、洗い流す時間を短縮するなどの工夫をすればOKです。

もちろん、濡れた髪をそのまま長時間放置していたら、体を冷やして風邪の症状を悪化させることにもつながるので、シャンプーした後は素早くドライヤーで乾かすことが必要ですよ。

体力的にシャンプーは無理…でも、スッキリしたい!
という時には、蒸しタオルで地肌をマッサージして、その後に乾かすという手もあります。

いずれにしても、その時の体調と相談して、無理はしないことが大切ですね。

お風呂に入らないほうが良い症状

風邪の時にお風呂を禁止にしなくても良いということはわかりましたが、それでもやっぱり入らないほうが良い症状というものもあります。

それは、38℃以上の高熱の時や下痢・嘔吐の症状がある時です。

このような症状の時は、それだけでかなりの体力が奪われているはずなので、お風呂に入ることで更に体力を消耗するということのないように気をつけなければいけません。

症状が治まって、ある程度体力が回復してから入浴するようにしましょうね。

それから、“なんとなくだるい”とか“なんだかお風呂が面倒”なんて感じた時は、体力の消耗を本能的に避けようとしているサインかもしれないので、気分が乗らない時にもお風呂はお休みしたほうが良いかもしれません。

風邪の時の入浴方法と髪を洗う際のコツは?

せっかくお風呂に入って気持ち良くなれるのに、それで症状が悪化してしまったら大変!
そうならない為に、次の点に気をつけましょう。

・室内は“温かく”
浴室や脱衣所は予め温かくしておきましょう。
夏の場合は、冷房で冷やしすぎないように温度設定に注意が必要です。

・お湯の温度は“ぬるめ”
熱いお湯に浸かると、体力の消耗が激しいので、40℃以下のお湯に短時間入浴するのがオススメです。免疫力を高める為には、37~38℃くらいがいいとも言われています。

・髪を洗う際は“短時間”で
入浴時間が長くなると、それだけ体力を消耗することになるので、出来るだけ短時間で素早く洗ってしまいましょう。

・しっかり“拭く”
お風呂から出たら、体はしっかりと拭き、髪はしっかりと乾かすようにしましょう。
水分が残っていると、体を冷やしてしまいます。

・入浴後は“水分補給”
脱水症状の予防に、スポーツドリンクなどを飲んで水分補給を忘れないようにしましょう。

そしてその後は体を冷やさないように、すぐに布団に入って横になり、ゆっくり休んで下さいね。

 - ヘルス・メンタル