ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。

ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。女の子なら誰もが気になる恋愛のあれこれやコスメやダイエット、ファッションなどなど情報満載のWEBマガジン│リリーガール

頻尿の原因って?女性や10代の若者にも急増中の訳とは!?

2016.6.3

このところ、女性や10代の若者達にも急増している頻尿。
一体、何が原因なの?
病院に行かなくても、その症状を改善することはできる??

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ナゼ?生理前になると、家事も育児も辛い!イライラする!!

毎月、決まった時期にイライラする…。家事も育児もなんだか辛い。そんな症状に悩まされていませんか?...

『仮病』といえば腹痛?病院に行かなくてもいい症状が○!

仮病を使って会社を休みたいと思ったことはありませんか?そんな時には頭痛や腹痛など、病院に行かなくても...

夫婦の現実…“会話ない”と悩む“新婚さん”が増えています

幸せいっぱいの結婚生活を夢見ていたのに…いざ夫婦になったら、多くの新婚さんが“会話ない”と悩んでいる...

『育児のストレス』溜めてしまうと『病気』になる可能性も!

子育て中のママさん。ストレス溜まっていませんか?そのまま放っておくと、病気になる可能性もあるんですよ...

東京の観光名所や主要駅の地図(Googleマップ)まとめ

東京観光やビジネスでも役に立つ地図情報をまとめてみました。東京は電車での移動が多いので、駅間...

脳や心臓で発症すると深刻な状態に!血管が切れる原因とは?

『動脈硬化』が原因で『血管が切れる』可能性があるんです!ご存じでしたか?脳や心臓で発症してしまうと深...

卵巣嚢腫といわれたら手術は必要?入院期間はどれくらい??

『卵巣嚢種』とはどんな病気なのでしょうか?発症したら、妊娠できなくなるの?手術をしたらどれくらい入院...

No Image

指の骨折が治った後には…『リハビリ』が肝心なんです!!

指を骨折して固定していると、完治した後もなかなか思うように動かせないと感じる人が多いようです。スムー...

鍼灸治療の効果!不妊治療にも取り入れられてるって本当?

近年、鍼灸治療の効果が様々な分野から注目されているそうです。副作用も少なく、体にやさしい治療法の『鍼...

人生で最も差が開く?楽しみも増える“30代”の過ごし方

人生で最も差が開くと言われる30代。精神的に余裕もでき、楽しみも増える年齢でもありますよね?素敵に歳...

No Image

結婚『10年目の記念日』には、特別なプレゼントを!!

結婚記念日に、パートナーにプレゼントを贈っていますか?毎年贈っているという人も、贈ったことが無いとい...

冬は頭痛がひどくなる?その原因と対策をご紹介します!!

冬になると頭痛がひどくなる…という人、多いようです。では、なぜ冬に頭痛が起こりやすいのでしょうか?そ...

無料で処方箋をスマホから送って薬を予約する方法

スマホから処方箋を薬局に送る方法をご存知ですか?しかも今ならアマゾンギフト券2000円分も貰えちゃい...

“心理学”の勉強法って?独学でも取れる資格はある??

心理学に興味がある人って、意外と多いようです。でも、本格的に勉強するとなると…勉強法ってどうすればい...

No Image

貧血の原因とは?ヘモグロビンの不足には鉄分を摂取しよう!

貧血って何が原因なの?ヘモグロビンが少ないとどうなるの?そんな貧血についての疑問にお答えします。...

スポンサーリンク

10代の若者にも増えている『頻尿』とは?

排尿の回数というのは人それぞれで、個人差があるものですが、日中5回、夜間に0~1回が平均と言われています。

これが、何らかの要因で回数が増え、日中8回以上または夜間2回以上になると、頻尿という状態になります。

以前は、“高齢者の病気”のイメージが強かった『頻尿』ですが、ここ数年は10代や20代の若者達の間でも急増しているようなんです。

男女問わず、また幅広い世代で起こる可能性があるので、“若いから”「大丈夫」とか「そんなはずはない」と決めつけずに、「さっきトイレに行ったばかりなのに、またすぐに行きたくなる…」なんて人は、頻尿を疑ってみたほうがいいかもしれませんよ。

頻尿の場合、1回の排尿量は少なく、何度もトイレに行きたくなるという人が多いようですが、その原因というのは、どのようなものなのでしょうか?

一般的な『頻尿』の原因って??

一般的に、頻尿の原因はいくつかあります。

≪過活動膀胱≫
過活動膀胱になると、排尿筋が過剰に収縮してしまいます。
その為、膀胱に尿を貯められる量が少なくなり、急に我慢できないくらいの尿意を感じたり、トイレの回数が増えるといった排尿トラブルが起こります。

≪骨盤底筋のゆるみ≫
直腸、子宮、尿道、膀胱などを支える筋肉の総称が『骨盤底筋』です。
これは女性特有のものですが、妊娠中に胎児の重みでダメージを受けたり、筋肉の衰えなどの理由でこの骨盤底筋がゆるむと、尿道口をしっかり締められなくなります。それによって、尿漏れや頻尿の発生率が上がります。

≪圧迫≫
肥満体形だったり、同じ姿勢を長時間とると、膀胱が圧迫されます。
また、前立腺肥大症などの病気が原因で、尿道を圧迫するということも考えられます。

≪水分の摂り過ぎ≫
水分を必要以上に摂り過ぎてしまうのも、頻尿の原因になります。

≪ストレス≫
緊張したり、“トイレに行けない”という状況になると、尿意が起こるというような精神的ストレスが原因となる場合もあります。

女性や10代の若者を悩ませる『頻尿』の原因は?

一般的な頻尿の原因をいくつかご紹介しましたが、それ以外にも、若者達に頻尿が増えている理由として、次のような原因もあるんです。

≪カフェイン摂取≫
コーヒーやお茶など、カフェインが含まれている飲み物をたくさん摂取すると、カフェインに含まれている利尿作用により、頻尿になるということがあります。
朝から晩まで、一日に何杯もコーヒーなどを飲むという人は、要注意ですよ。

≪冷え性≫
多くの女性の悩みでもある冷え性。
その冷えから頻尿を引き起こしてしまうということもあります。
冬だけでなく、夏でもクーラーなどが原因で、冷え症が悪化し、それに伴い頻尿の症状が表れるということも少なくないようです。

≪膀胱炎≫
トイレを我慢することが多いと、膀胱炎になりやすいと言われています。
この膀胱炎も、頻尿の症状が表れる原因のひとつなんですよ。
特に女性は、男性と比べて膀胱炎になりやすい体の造りと言われているので、できるだけトイレは我慢しないように気をつけるようにしましょう。

女性にオススメの対処法

頻尿の症状が表れた場合、あなたならどうしますか?

そのまま放置しておくと、症状が悪化してしまうので、すぐに専門医に相談することが一番なのですが、泌尿器科には行き辛いと感じる若者も多いはず。

しかし、症状がひどくて、日常生活に支障がでるというような場合には、何らかの病気などが原因となっている場合もあるので、思いきって早めに受診するようにしましょうね。

では、症状が軽い場合はどうでしょう?
自分で頻尿の症状を緩和するということはできるのでしょうか?

軽度の頻尿であれば、筋力をアップすることで、ある程度は改善が期待できるようですよ。

今回は、女性の頻尿改善に効果的と言われている「骨盤底筋体操」をご紹介します。
家で簡単にできる、軽い尿漏れや頻尿の症状にオススメの体操ですよ。

≪骨盤底筋体操≫
1.まっすぐ立ち、一方の手をお腹、もう一方をお尻にあてます。

2.肛門と膣を締め、その後緩めるという動作を2~3回繰り返します。

3.もう一度、『2』の動作を行ないます。
  先程よりもゆっくり、そして力を入れて行ないましょう。

4.更にもう一度同じ動作を行ないます。
  今度は、下腹部を持ち上げるようなイメージで、更にゆっくり行ないましょう。

10代だけではなかった…小さな子どもも!?

これまで、頻尿は若者達の間でも急増しているというお話をしてきましたが、実は、大人だけでなく、子どもでも頻尿に悩むというケースは珍しくないんです。

小さな子どもの場合は、心因性のストレスが主な原因です。

お漏らしをしてしまったり、おねしょをしてしまったということがトラウマになり、尿意に敏感になりすぎて頻繁にトイレに行くという子もいるようですよ。

そういった場合には、ストレスを取り除いてあげることが一番の薬になります。

責任感の強い子のほうが、こういった症状を起こしやすいようなので、親も神経質にならず、いつも以上に愛情を持って子どもに接し、安心できる環境を作ってあげられるといいですよね。

 - すべての記事, ヘルス・メンタル