ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。

ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。女の子なら誰もが気になる恋愛のあれこれやコスメやダイエット、ファッションなどなど情報満載のWEBマガジン│リリーガール

脳や心臓で発症すると深刻な状態に!血管が切れる原因とは?

2015.9.13

『動脈硬化』が原因で『血管が切れる』可能性があるんです!ご存じでしたか?
脳や心臓で発症してしまうと深刻な状態にもなりかねない、この『動脈硬化』。
生活習慣の改善が、一番の予防なんですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

『仮病』といえば腹痛?病院に行かなくてもいい症状が○!

仮病を使って会社を休みたいと思ったことはありませんか?そんな時には頭痛や腹痛など、病院に行かなくても...

『育児のストレス』溜めてしまうと『病気』になる可能性も!

子育て中のママさん。ストレス溜まっていませんか?そのまま放っておくと、病気になる可能性もあるんですよ...

No Image

指の骨折が治った後には…『リハビリ』が肝心なんです!!

指を骨折して固定していると、完治した後もなかなか思うように動かせないと感じる人が多いようです。スムー...

No Image

覚えておきたい!骨折時の応急処置法と痛みを和らげる方法

「骨折してるかも…」そんな時の応急処置法と、痛みを和らげる方法をご紹介します!いざという時の為に、是...

エコー以外にもあるらしい!赤ちゃんの『性別』の見分け方

妊婦検診の度に、赤ちゃんの性別がわかるかどうかドキドキ。出産準備や名前を考える為に、早くどちらか知り...

No Image

ピルを服用中に“不正出血”や“生理がこない”のは異常?

避妊などの目的で使用される『ピル』。服用中に、“不正出血”や“生理がこない”といった症状が現れたら…...

冬は頭痛がひどくなる?その原因と対策をご紹介します!!

冬になると頭痛がひどくなる…という人、多いようです。では、なぜ冬に頭痛が起こりやすいのでしょうか?そ...

ナゼ?生理前になると、家事も育児も辛い!イライラする!!

毎月、決まった時期にイライラする…。家事も育児もなんだか辛い。そんな症状に悩まされていませんか?...

子宮筋腫が貧血の原因に!血液検査の数値で異常がわかる?

子宮筋腫が原因で貧血になるという人、多いようです。思い当たる症状がある人は、一度血液検査を受けてみま...

鼻水って何で出るの?黄色い鼻水には注意が必要な理由とは?

鼻水って、なかなか止まらないと厄介ですよね。でも、鼻水が出るのには理由があります!そして、黄色い鼻水...

No Image

出産で入院!何を準備すればいい?パジャマは持っていく??

出産の為の入院準備っていつ頃、何を用意すればいいの?パジャマは病院で借りれるケド…自分のを持っていっ...

鍼灸治療の効果!不妊治療にも取り入れられてるって本当?

近年、鍼灸治療の効果が様々な分野から注目されているそうです。副作用も少なく、体にやさしい治療法の『鍼...

妊娠中の貧血数値はどれくらい?貧血の症状や予防法は??

妊娠中は貧血になりやすいそうです。では、どれくらいの数値だと貧血と診断されるのでしょうか?貧血の症状...

風邪をひいた時ってお風呂に入ってもいいの?髪は洗う??

風邪をひいたら、お風呂に入らないほうがいいの?髪を洗うと、風邪の症状が悪化するって本当??ということ...

No Image

『骨折』と『捻挫』の見分け方とは?痛みはいつまで続くの?

骨折と捻挫の初期症状って似ていますよね…。どうやって見分ければいいの?骨折したら、痛みはいつまで続く...

スポンサーリンク

心臓や脳などの血管が切れる原因にもなる『動脈硬化』とは?

心臓から血液を身体の中に送り出す、重要な役割を担っている『動脈』。本来は、しなやかで、柔軟性・弾力性に富んでいます。それによって、様々な臓器や筋肉などの組織に酸素や栄養を必要なだけ届けることが出来ているのです。

しかし、高血圧などが原因で負担がかかったり、何らかの要因によって酸素などが不足したりすると、『動脈』は弾力性を失って硬くなってしまいます。
また、コレステロールなどの脂質が溜まって血管の壁が厚くなり、詰まってしまうということもあります。
このような状態のことを、『動脈硬化』と呼んでいるんです。

『動脈硬化』を発症すると、血管の中を血液がスムーズに流れることが出来なくなります。それにより、血液が上手く送り出せなくなり、心臓に負担がかかります。

それだけではありません。
この『動脈硬化』、全身の動脈で発症する可能性があります。
『動脈硬化』が原因で血管が切れてしまうこともあるので、脳や心臓で発症した場合は特に重大!
突然死や寝たきりに繋がることもあるんです。

心臓などの血管に起こる動脈硬化の原因

年齢と共に、血管も徐々に老化してしまうのは、みなさん知っていますよね?
そう、老化も『動脈硬化』の原因のひとつです。

しかし、それ以外にも原因となる危険因子はたくさんあります。
「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「肥満」「糖尿病」「ストレス」などです。

この危険因子を多く持っている人ほど、動脈硬化を速めてしまうようです。

『血管年齢』という言葉、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
危険因子達は『血管年齢』を引き上げ、しなやかさを奪ってしまうのです。
同じ年齢だとしても、『血管年齢』が大きく違っていたりするのは、そういうことが原因だっだのですね。

危険因子の多くは、生活習慣によって改善出来るものがほとんどです。
例えば、食事。
動物性脂肪の多い高カロリーの食事ばかりの人は、血液の中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やしてしまいます。それが『血管を詰まらせる物質』となり、結果的に『動脈硬化』を引き起こすということに繋がるんです。

まだまだ若いから大丈夫。
歳を取ったら気をつければいいんでしょ?

そう思ったあなた、要注意です!!

実はこの『動脈硬化』、若い頃から始まっている可能性が大きいんです。
目に見える訳ではないので気づきにくいのですが、徐々に悪化して、40歳を過ぎる頃から症状が現れるということが多いようです。

予防は若いうちから始めて、普段から血管のチェックをするということが大切なんですね。

最悪血管が切れることもある動脈硬化の症状

『動脈硬化』は、自覚症状がほとんど無い為、『サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)』と呼ばれています。
様々な症状を引き起こし、命にかかわるというのに、自覚症状が無く気づきにくいというのは、怖いですよね。

症状が現れた時には、手遅れということもあり得るので、どのような症状がでるのかを事前に知って、出来るだけ早期発見に繋がるよう心がけたいものです。

ここでは、脳・心臓・脚に発症した際の症状についてご紹介します。
この3か所は、『動脈硬化』が起こりやすい場所とされているので、是非覚えておいて下さいね。

≪脳≫

・手脚の力が抜ける
・手脚が痺れる
・しゃべり辛くなる
・めまいや頭痛がする

≪心臓≫

・軽い階段の上り下り程度で動悸がする
・少し重い荷物を持って歩くと息苦しくなる

≪脚≫

・脚が冷たくなる(冷えを感じる)
・太ももの裏側やふくらはぎが痛い
・脚をひきずる
・傷が出来やすくなり、化膿して治り辛い

上記のような症状が出た時には、『動脈硬化』がかなり進行している可能性があります。出来るだけ早く、お医者さんに相談をしましょう。

定期的に健康診断などを受けておくことも、早期発見に繋がるのでオススメです。

血管が切れるなどして動脈硬化が引き起こす病

『動脈硬化』が原因となる病気は、大きく分けて“血管が詰まる”病気と“血管が切れる”病気の二つです。

≪血管が詰まる病気≫

・脳梗塞
・心筋梗塞
・腎硬化症
・閉塞性動脈硬化症 など

≪血管が切れる病気≫

・くも膜下出血
・脳内出血
・大動脈瘤 など

医学に詳しくない人でも、「知っている!」「聞いたことがある!」という怖い病気ばかりですよね。

恐ろしい動脈硬化にならない為に血管年齢を若く保つ

人間誰しも、歳を取るのを止めることは出来ませんよね。
なので、危険因子のひとつ『老化』はどうしようもありません。
しかし、生活習慣を見直すことで、『血管年齢』を若く保つことは可能です。

≪動脈硬化にならない為に気をつけること≫

・睡眠をしっかり取る
・食生活を見直す
・禁煙
・ストレスをためない
・適度な運動をする

一度に全てを改善することは、なかなか難しく、三日坊主…なんてことにもなりかねません。改善すべき点が見つかった人は、これらのことを頭の片隅にでも入れておいて、無理のない程度に少しずつ改善してみてはいかがでしょうか?

 - ヘルス・メンタル