ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。

ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。女の子なら誰もが気になる恋愛のあれこれやコスメやダイエット、ファッションなどなど情報満載のWEBマガジン│リリーガール

指の骨折が治った後には…『リハビリ』が肝心なんです!!

2016.5.19

指を骨折して固定していると、完治した後もなかなか思うように動かせないと感じる人が多いようです。

スムーズな指の動きを取り戻す為には、リハビリが肝心なんです!

でも…どんなリハビリをすればいいの??

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

『仮病』といえば腹痛?病院に行かなくてもいい症状が○!

仮病を使って会社を休みたいと思ったことはありませんか?そんな時には頭痛や腹痛など、病院に行かなくても...

エコー以外にもあるらしい!赤ちゃんの『性別』の見分け方

妊婦検診の度に、赤ちゃんの性別がわかるかどうかドキドキ。出産準備や名前を考える為に、早くどちらか知り...

“心理学”の勉強法って?独学でも取れる資格はある??

心理学に興味がある人って、意外と多いようです。でも、本格的に勉強するとなると…勉強法ってどうすればい...

No Image

ピルって本当に避妊の効果があるの?避妊率はどれくらい??

望まない妊娠を避ける為の避妊。日本ではコンドームが主流ですが、海外では効果が高いとして“ピル”が使わ...

No Image

金属アレルギーの症状って?手首のかぶれは腕時計が原因??

原因不明の“かぶれ”。お腹周りは『ベルト』、手首は『腕時計』が原因だった!?最近、耳にすることも多く...

冬は頭痛がひどくなる?その原因と対策をご紹介します!!

冬になると頭痛がひどくなる…という人、多いようです。では、なぜ冬に頭痛が起こりやすいのでしょうか?そ...

子ども達の姿勢が悪くなっている原因は?矯正は必要なの??

背中がまるまっている、いわゆる“猫背”の子どもが増えていると感じたことはありませんか?その原因や及ぼ...

卵巣嚢腫といわれたら手術は必要?入院期間はどれくらい??

『卵巣嚢種』とはどんな病気なのでしょうか?発症したら、妊娠できなくなるの?手術をしたらどれくらい入院...

過食嘔吐による症状改善と治療方法について

ダイエットやストレスなど、人それぞれ背景は様々ですが、「過食嘔吐」に悩む方が後を絶ちません。食べてし...

足の甲に痛みを感じる…合わない靴を履いているのが原因!?

そんなに激しい運動をしている訳でもないのに、歩いていて、足の甲に痛みを感じるということはありませんか...

No Image

結婚『10年目の記念日』には、特別なプレゼントを!!

結婚記念日に、パートナーにプレゼントを贈っていますか?毎年贈っているという人も、贈ったことが無いとい...

人生で最も差が開く?楽しみも増える“30代”の過ごし方

人生で最も差が開くと言われる30代。精神的に余裕もでき、楽しみも増える年齢でもありますよね?素敵に歳...

第97回全国高校野球選手権神奈川大会で夏の甲子園出場校決定

注目の神奈川県からの甲子園出場高校も決まりました。精一杯の努力の結果に涙する姿は多くの人を感動させま...

No Image

出産で入院!何を準備すればいい?パジャマは持っていく??

出産の為の入院準備っていつ頃、何を用意すればいいの?パジャマは病院で借りれるケド…自分のを持っていっ...

急性アルコール中毒の症状と応急処置の方法について

最近の若い人はお酒を飲まなくなった。ということを耳にする機会が増えましたが、お酒を楽しむ人たちで夜の...

スポンサーリンク

骨折後に指が動かなくなるのはナゼ?

手の指を骨折して、固定器具などを装着している期間が長ければ長いほど、怪我が治った後、なかなか思うように指を動かせないと感じる人が多いようです。

なぜ骨折した後、指が動かせなくなるのでしょうか?

その理由は、筋肉が弱っているということ。

骨折した後、骨をくっつける為には、固定して患部を動かさないようにすることが必要ですよね。しかし、それによって普段何気なく使っている筋肉が使えなくなり、弱ってしまうんです。

また、快復の為に体の中のコラーゲンが患部に集まるので、それが原因で血行不良が起こっている可能性もあるそうですよ。

固定器具を外して、骨折する前と同様の生活を送っていれば、ある程度は筋力も血流も元通りになります。なので、『指の骨折は“日常生活”がリハビリになる』とも言われているんです。

しかし、長期間固定したままで固まってしまっている筋肉は、急には動かすことが出来ないんです。

リハビリを開始する前に…

骨折した部分を固定している間は、筋肉の運動量が急に減ってしまいます。その為に、固定器具を外す頃には筋肉が委縮していたり、固まって動きが悪い状態になってしまっているのです。

骨折が完治した後は、治療中に衰えてしまった筋肉を取り戻すということを目的としてリハビリを行ないます。

固定器具が外れたからといって、いきなり無理に曲げるようなことをしてはいけませんよ。固まった関節を無理に曲げてしまうと、捻挫のような状態になってしまいますよ。

リハビリを開始する時期が早すぎたり、やり方を誤ると、怪我の完治までに時間がかかってしまいます。

しかし、逆に開始時期が遅れてしまうと、筋肉が委縮したり関節が元のように動かせなくなってしまうということもあるんです。

リハビリは、適切な時期に適切な方法で行なうことが、とても重要になるので、必ず主治医や理学療法士などの専門医の指導を受けながら行なうようにしましょう。

骨折後のリハビリは『温める』ことから!

「早く元通りに!」という思いから、焦って動かそうとしてしまいがちですが、再発の原因になってしまうこともあるので、リハビリは焦らずゆっくり段階を踏んで進めていきましょう。

まずは『温める』ことから始めると良いですよ。

≪手湯≫
自宅で洗面器などにお湯をはって、ゆっくり温めましょう。

≪手袋≫
普段から手袋をつけて過ごし、骨折した部分を冷やさないようにしましょう。

≪電気治療≫
接骨院などで専用の機器を使って電気を流し、血行を良くするという治療法もリハビリとして効果的です。

この温めるという方法は、骨折をした後の腫れや炎症などが治まった初期の段階から始められるリハビリです。

骨折した直後は、炎症を抑える為に冷やすことが必要ですが、炎症がおさまったら、固定器具を装着している期間も、血行を良くするために、できるだけ患部を冷やさないように気をつけましょう。

固まった指をほぐしたら、筋トレ開始!

『温める』の次の段階は、『揉みほぐす』ことです。

長い間固定していると、筋肉というのは固まってしまい、動かし方を忘れてしまているということもあるんです。

そのような場合には、揉みほぐして刺激を与えてあげることが効果的。

痛みを感じるくらい強く揉んではダメですよ。
始めは優しく、そして無理なく徐々に強めていくと良いでしょう。

ある程度、筋肉がほぐれてきたら、次は指を閉じたり開いたりする『グーパー』の運動を行ないます。

その運動にも慣れたら、柔らかい物を握ったり力を抜いたりというトレーニングを始めましょう。

指を骨折した後のリハビリ方法

指の骨折が完治した後に行なう、リハビリ方法をいくつかご紹介します。

温めてからリハビリを行なうほうが効果的で、患部への負担も少ないので、入浴中がオススメですよ。

≪お風呂でリハビリ≫
湯船に浸かって温めてから、無理なく掴める物を『握って放す』という運動を行ないます。
最初は5~10回くらいから始めて、少しずつ回数を増やしていきましょう。
自分の体の一部を掴むというのもいいですね。
始めは太もも、慣れてきたら二の腕、腕、手首、そして指というように、少しずつ握る物を細くしていくのが効果的ですよ。

≪浮力を利用したリハビリ≫
これもお風呂でできるリハビリです。
ペットボトルに水を入れた物など、筒状のものを湯船の中に沈め、怪我をした手で握って持ち上げます。これも、無理なく握れる太めのものから始めて、徐々に細くしていくのが理想的です。
水面より上に持ち上げる時には、急に重くなるので、無理せず可能な範囲で持ち上げるようにしましょう。

≪しっかり動かせるようになったら…≫
痛みを感じることもなく、ある程度スムーズに動かせるようになったら、脳のトレーニングで知られている、左右の指先をくっつけて、親指から順に指同士を回転させるという運動がオススメです。

温めてもなかなか動かし辛い時には、優しくマッサージをしてみましょう。
血行が良くなり、動かしやすくなりますよ。

リハビリのポイントは、焦らずのんびり無理なく進めること。
毎日継続して行なうようにしましょうね。

 - すべての記事, ヘルス・メンタル