ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。

ちょっと大人の女子力アップWEBマガジン。女の子なら誰もが気になる恋愛のあれこれやコスメやダイエット、ファッションなどなど情報満載のWEBマガジン│リリーガール

子宮筋腫が貧血の原因に!血液検査の数値で異常がわかる?

2016.5.18

子宮筋腫が原因で貧血になるという人、多いようです。
思い当たる症状がある人は、一度血液検査を受けてみませんか?
数値を見れば、貧血だけでなく様々な病気の可能性も分かってしまうんですよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

No Image

金属アレルギーの症状って?手首のかぶれは腕時計が原因??

原因不明の“かぶれ”。お腹周りは『ベルト』、手首は『腕時計』が原因だった!?最近、耳にすることも多く...

No Image

彼からのメールは『自分のことばかり』…これって脈なし?

大好きな彼からのメール。嬉しいけど…書いてあるのは、いつも『自分のことばかり』。これって、私に興味が...

無料で処方箋をスマホから送って薬を予約する方法

スマホから処方箋を薬局に送る方法をご存知ですか?しかも今ならアマゾンギフト券2000円分も貰えちゃい...

幼児の安全の為?『室内』での運動会が増えているらしい…

最近は、室内での運動会が増えているようですね?危機管理の観点から、幼児達の安全を守る為などの理由があ...

人生で最も差が開く?楽しみも増える“30代”の過ごし方

人生で最も差が開くと言われる30代。精神的に余裕もでき、楽しみも増える年齢でもありますよね?素敵に歳...

No Image

『喧嘩ばかり…』と悩む夫婦。“新婚”なのに原因は何??

幸せを夢見て結婚し、ようやく夫婦に!それなのに毎日『喧嘩ばかり…』。そんな新婚さん、たくさんいるよう...

夫婦の現実…“会話ない”と悩む“新婚さん”が増えています

幸せいっぱいの結婚生活を夢見ていたのに…いざ夫婦になったら、多くの新婚さんが“会話ない”と悩んでいる...

卵巣嚢腫といわれたら手術は必要?入院期間はどれくらい??

『卵巣嚢種』とはどんな病気なのでしょうか?発症したら、妊娠できなくなるの?手術をしたらどれくらい入院...

夫婦喧嘩をしないと長生きできる?仲良し夫婦の秘訣は??

夫婦喧嘩というのは、いつの時代も、どこの国でも避けられない問題なのかもしれませんが、喧嘩しない夫婦は...

東京の観光名所や主要駅の地図(Googleマップ)まとめ

東京観光やビジネスでも役に立つ地図情報をまとめてみました。東京は電車での移動が多いので、駅間...

失敗しないニューボーンフォトの撮り方。赤ちゃん初写真撮影

欧米では大分一般的になってきている「ニューボーンフォト」生まれたてのわが子のこの瞬間しか無い...

鍼灸治療の効果!不妊治療にも取り入れられてるって本当?

近年、鍼灸治療の効果が様々な分野から注目されているそうです。副作用も少なく、体にやさしい治療法の『鍼...

“心理学”の勉強法って?独学でも取れる資格はある??

心理学に興味がある人って、意外と多いようです。でも、本格的に勉強するとなると…勉強法ってどうすればい...

エコー以外にもあるらしい!赤ちゃんの『性別』の見分け方

妊婦検診の度に、赤ちゃんの性別がわかるかどうかドキドキ。出産準備や名前を考える為に、早くどちらか知り...

『仮病』といえば腹痛?病院に行かなくてもいい症状が○!

仮病を使って会社を休みたいと思ったことはありませんか?そんな時には頭痛や腹痛など、病院に行かなくても...

スポンサーリンク

ヘモグロビン…貧血と診断される数値とは?

貧血とは、血液の中のヘモグロビンが少なくなる状態のことをいいます。

原因や症状は様々ですが、貧血が疑われる場合には、血液検査で血液中のヘモグロビンの濃度を調べます。

検査機関などによっても異なりますが、通常ヘモグロビンの濃度は、男性で約13〜17g/dl程度、女性は約12〜15g/dl程度と言われています。

この基準値よりも低くなると、『貧血』と診断されるという訳です。

ただし、妊婦さんや幼児は、ヘモグロビン濃度が11g/dl未満が貧血とされています。これは、妊娠中の女性は胎児を育てる為、幼児は成長の為に、一般の人よりも鉄分を多く消費するからだそうです。

血液検査の数値から、体の状態がわかる!?

血液検査では、様々な数値を調べることができます。

それぞれに『基準値』があるのですが、この値より低くても高くてもいけないという場合がほとんどです。

貧血だけでなく、血液が詰まりやすくなる多血症や、白血病の疑い、そして脱水症状になりやすいかどうかまで“数値”だけで分かってしまうんです!凄いですよね。

疲れやすいなど、日常生活の中でいつもと違う症状を感じたら、早めに医療機関で血液検査をしてもらいましょう。それだけで、何らかの異常が見つかる可能性もありますよ。

特に女性で、血液検査の結果『鉄欠乏性貧血』と診断された場合、その原因が子宮筋腫などの婦人科系の病気だった、ということも少なくないんです。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮にできる“良性”の腫瘍のことです。

30代の女性であれば、20〜30%の確率で、この子宮筋腫にかかっているとも言われるほど発症率は高いのですが、手術などの治療が必要になるケースは、そのうちの3%程度です。

子宮筋腫が原因で、貧血になるという人は、とても多いです。

筋腫が大きくなるにつれて、月経の時の出血量は多くなります。
それによって血液の中の鉄分が減少してしまい、貧血になるのです。

鉄不足が原因とされる『鉄欠乏性貧血』というのは、心臓にも負担がかかるケースが多く、重症化すれば命にも関わってくる為、そのまま放置するのは危険です。

その為、筋腫がそれほど大きくないという場合でも、貧血の症状が酷い為に、摘出手術をするということもあるようですよ。

子宮筋腫の原因は??

子宮筋腫のはっきりとした原因というのは、まだ究明されてされていません。

しかし、子宮筋腫の細胞に、DNAの染色体異常があるということはわかっているので、“染色体の異常”ということは間違いないようです。

まだまだ、子宮筋腫のメカニズムなど、不明な点はたくさんありますが、この筋腫が女性ホルモンの分泌によって成長していくということも、明らかになりました。

研究者の中には、子宮というのは、胎児の時に形成さるので、遺伝による“染色体異常”ではないか、と考えている人もいるようです。

その他にも、ストレスや食生活、生活環境などが原因では?という様々な仮説が立てられています。

少しずつ研究が進み、この病気が解明される日も近いのかもしれませんね。

このように、現時点ではきちんとした原因が分からないので、どんな人がこの病気にかかりやすいのかということも正確にはわかりません。

しかし、家族や親戚に子宮筋腫を患ったことがある人がいる場合には、注意したほうがいいかもしれませんね。

また、25〜30歳くらいで、酷い生理痛に悩んでいたり、無生理という人は、子宮筋腫を疑って、一度婦人科で検査を受けてみることをオススメします。

子宮筋腫で表れる貧血とその他の症状

ご紹介したように、子宮筋腫になると、『鉄欠乏性貧血』になるという人がとても多いのですが、実際にはどのような症状が表れるのでしょうか?

主な症状をまとめてみました。

≪貧血の症状≫
・顔や皮膚の色が悪くなる
・動悸や息切れ
・めまい
・爪が割れて反りかえる
・髪がパサパサになる
・冷たい氷など、ジャリジャリしたものが食べたくなる など

また、子宮筋腫は、貧血以外にも体の中に様々な影響を及ぼすことがあります。

≪排尿排便障害≫
筋腫が大きくなってくると、子宮の周辺にある臓器を圧迫します。
尿道や膀胱を圧迫すれば排尿障害、直腸や大腸を圧迫すれば排便障害をきたすこともあるのです。
このような症状が表れた場合、放置すると水腎症など、他の疾病を引き起こす可能性もあるので、注意が必要ですよ。

≪不妊≫
子宮筋腫になると、不妊になる傾向があります。
また、妊娠したとしても、流産の危険性が高くなるようです。

≪おりもの≫
おりものが多くなる場合があるというのも、子宮筋腫の症状のひとつです。

通常生理の時には、血液と一緒に、ホルモンによって分解された子宮内膜も排出されます。
しかし子宮筋腫により、ホルモン分泌の障害が起こると、子宮内膜が分解されきれず、『おりもの』として出てくるようになります。

≪生理痛がひどくなる≫
筋腫ができた『場所』や『大きさ』によっては、子宮膣が変形するなどの影響がでて、それにより生理痛がひどくなるということもあります。

これらの症状が表れた場合には、早めに専門医を受診して相談してみてくださいね。

 - すべての記事, ヘルス・メンタル